消費者金融で延滞をした場合

消費者禁輸で延滞をした場合は、どのような事になってしまうのでしょうか?

まず、最初の数日間についてです。数日間というのは、延滞をした初めの日から1週間ぐらいの事を言います。

自宅に電話がかかってくるのです。
この場合、家族には内緒で消費者金融からお金を借りていた場合は、家族にばれてしまうでしょう。
そうすると、家族から、問いただされる事になります。
自宅に電話がかかってきても本人がいない場合は、消費者金融の方は、名乗らずに「○○さんに伝えて下さい」という事だけを言うと、家族も本人も不審がらずに本人がいる時に電話がかかってくると、電話に出る事になります。その電話に出た時に、消費者金融の方だという事が、やっと分かる事になるのです。

消費者金融の方が家に電話をしないようにするためには、きちんと期日までに借金を返済する事が大事です。


次に、会社に電話がかかってきます。
これも度自宅と同様な手口に電話がかかってくるのです。
「会社にかけるのだけはやめてほしい」と思われている方が大勢いますが、この「やめてほしい」というのが消費者金融側の言い分なのです。
「やめてほしい」=「金を早く返せ」という事になるのです。「会社にだけはやめてほしい」と思われるほど、消費者金融側は、余計に自宅や会社へと電話をするのです。


次に、請求書が届きます。
請求書のあて名の方には、消費者金融側の社名は書かれていません。
しかし、届いた側はいい気持ちがしないでしょう。封筒を開けると、請求書が書かれているのです。
家族には、消費者金融から借りている事からわからない場合もあるのですが、まだ家族にはばれていないと安心してはいけません。

その理由は、消費者金融側の請求書というのは、一般的には使われない圧着はがきや郵便書簡を利用して郵送してくるのです。そのため、家族が、「なにこれ?」と疑問に思うのは間違いないでしょう。
請求書は、どれぐらい発送してくるのでしょうか?

消費者金融というのは、早く借金を返してほしいという事で、毎日膨大な数の請求書を発送してきます。
コンピューターで印刷しているので、たくさん請求書を発送する事が出来るのです。
コード付きのあて名が書かれていて、差出人は個人名なので、とても奇妙な手はがきや手紙となっているのです。

配偶者に届いた、この奇妙な物の中身をみたくなるのは人間の心理なのです。
その中身を見て、びっくりする人が大勢いるのです。

このように、消費者金融への延滞をすると、たくさんの人に迷惑をかけてしまいます。きちんと延滞をしない事を条件に消費者金融からお金を借りなければいけません。

このブログ記事について

このページは、pjが2012年12月 3日 15:38に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「プロミスはサービスと安心感が魅力です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。